■メリット
海外生産の魅力は、なんと言っても大幅なコストダウンです。手間をはぶいて人材の有効活用を !

■デメリット
管理費や運賃が余計にかかります。納期・品質なども心配です。

■海外生産に適した部品や製品
手間ばかり掛かって全然儲からなかった部品が一番適しています。

■海外生産に適さない部品や製品
主力製品、高度な技術やそれを得る目的の製品は適しません。

■各種情報のリンク
生産拠点はインドネシアと中国を中心としたアジア地域です。各種情報のリンクを掲載しました。



■輸送について
木枠の輸出梱包でコンテナ輸送が主体です。インドネシアの場合、船便で15日、航空便で5日程度です。

■納期について
余裕を持った納期と計画的な発注が海外生産の要です。

■支払いについて
ドル建て現金支払いが基本です。


TOPページ

  • 貴社が技術を得るために取り組んでいる部品・製品
  • 貴社の技術が生かされている部品・製品
    ・・・ただし、儲からないのであれば、再考しましょう。
  • 高い技術の必要な部品・製品
  • 特殊な材料が必要な部品・製品
    ・・・材料によっては製作できません。
  • 材料費がコストの大きな部分を占める部品・製品

・・・海外生産のメリットのないと思われる部品・製品の中でもメリットがある場合もあります。写真や図面などの資料と、生産数量・単価などをご連絡いただければ当社がすぐ調査いたします。まずはtoiawase@featherfield.co.jpまでご連絡ください。

工作機械